FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_05
08
(Sun)01:33

金沢遠征記 その2 高速渋滞なんのその

スタジアム前では美味しいものの屋台が並んでいます。

DSCF2602.jpg

両脇の屋台で買って、真ん中の芝生(噴水)のあたりで座って、
ホーム、アウェイのサポさんたちが入り混じって楽しんでいる様子は、
以前の長良川競技場のようです(現在は屋台村がデッキ下に移ってます)。

いろいろ美味しそうなものがあるのですが・・・
雲が出てて日差しがあまりなくて湿度も低い、
とはいえ、けっこう暑いのです。
蟹のクリームパスタ、普段なら「美味しそう〜」なところですが、
この暑さではあまりこってりしたものはちょっとなあ。
焼きそばも重いかなあ。

ということでお蕎麦にしました。
「倶利伽羅そば」という名前でしたが、緑色がかったお蕎麦でした。

その他、焼き牡蠣あり、種々のおにぎりあり、牡蠣ラーメンなるものあり、
普段ならこれもあれもというところですが、
・・・暑い・・・食欲わかない・・・
結局、かき氷を買って入場することに。
その前にささやかですが熊本地震の募金を。
スーツ姿の選手お三人が大きな声で募っていました。
暑い中、お疲れ様です。

本当に、本当に1日でも早く、熊本が落ち着きますように。


試合はね、
ま、勝ちゃあ良いんです、勝ちゃあ。
現地で見てると、暑さ対策の省エネサッカー?、とも思いましたが、
終盤、見るからに疲れている選手も多くて、
もうね、勝ったということで良いの、それで良いの。

タスキゾーンから外れたところで観戦していて、
周囲の人たちもそれほど声を出し続ける、という雰囲気でもなかったのですが、
後半40分くらいから、手拍子をする人が増えてきて、
それがどんどん周りに広がる形で音が大きくなっていき、
頑張れ、頑張れ、という気持ちがゴール裏全体に拍手の音として響き渡っているようでした。
今シーズン、選手がインタビューで「一体感がある」としばしば口にしますが、
ゴール裏の一体感も例年になく強いような気がして、ちょっと感動。

挨拶に来た選手たちと恒例の「ススキノへ行こう」を。
肩を組んで揺れるみんなと全く関係なく、端っこで何やら真剣な表情で話し込む福ちゃんと河合さんがなかなかツボでした。


片付けをしていたら、
あ、古田君が来た!

「ガンバレー」「ずっと応援してるよー」「帰ってくるの待ってるぞー」
古田コールが響き、
顔を上げた古田君の、その顔がクシャっと歪み、
さっと振り返って歩み出したけど、
ああ、しゃがみこんじゃった、動けない・・・

何人の人がその姿を見てもらい泣きしたことか、
再び「フルター!」の声が上がります。


いろいろな思いがあるんだろうけど、
その中に多分、小さいかもしれないけど理由の一つとして、
古田君は、ゴール裏に札幌を、北海道を感じたんだろうと思うのです。
讃岐に行った時は期限付きだったから、また戻るという気持ちはあったはず。
でも今は、いくら実家が札幌にあっても、
自分は北海道を離れたところで生きている、
そうなって初めて、自分の中にある札幌への、北海道への想いの強さに気づいたのではないかと。
その気候、景色、そこに住む人々、方言、食べ物、
それら全てを含めた「北海道」への想いが、あの時一挙に溢れ出したのではないかと。

ねえ古田君、
なぜ関東圏の試合にあんなにもたくさんのサポーターが集まるのか、
その理由が今ならわかるんじゃない?

いい選手になってくれ、
皆の思いを受け取って、
金沢の地であなたの才能が花開きますように。




さて、試合後、まっすぐ帰るかと思いきや、
実はこんなところに寄りました。

DSCF2605.jpg

公園入り口の信号から2つ向こうの信号を曲がったところ、
こんなところに源泉掛け流しの天然温泉があるのです。
金城温泉元湯、入浴料400円なり。
お湯はウーロン茶のような茶色でちょっとびっくりしましたが、
入ると肌がつるつる! いいお湯!
応援でかいた汗を流してサッパリしてきました。
心なしか、髪もつるつるして指通りがスルッとなったような。
昔ながらの銭湯の雰囲気で、お湯の蛇口と水の蛇口が別々で、
黄色いケロリンの洗面器があって、
常連の地元の方々と思われるおばあちゃん達とお孫さん達が楽しそうにお喋りしてて。
展望露天風呂は残念ながら休業中でしたが、
それはまたの機会の楽しみとしましょう。

上がって休息所でジュースを飲んで、のんびりほっこり〜^^
隣では部活帰りと思われる高校生の男の子達がアイスを食べています。
本当に、地域のお風呂屋さんという雰囲気、
いいなあ、生活圏の中にこんないい温泉があるの。
ふと、別府を思い出しました。


それでは帰路に着くとしましょう。


帰りの高速は「横風のため速度制限」ばかり。
80km制限はよくあるけど、50km制限の所もあり、いかにこの日の風が強かったか。
道路横の所々にある吹き流しは真横にたなびいていて、
あれ鯉のぼりだったら、まあ見事に泳いでいただろうなー。
こんな風で飛行機が飛ぶんだろうかと心配してたら、・・・飛ばなかったんですね、
選手の皆さんは宴会場で雑魚寝だったそうですが、サポの皆さんも大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした。


雨も降り出し、強風に乗ってフロントガラスに当たってくるのがまるで霰か小石のような音を立てます。
ガラス割れるんじゃないかと不安になるくらい。
そんな中、町田引き分けのニュースが。

首位だよ、首位!
何年ぶり?
しゅい〜、しゅい〜!

亀山JCTで1時間の渋滞に巻き込まれたけど、
なんのその、
しゅい〜!


家の近くでスーパーに寄ってアルコールやつまみなんぞを買い込み、
マッチデイを見ながら、試合後に屋台村で買った(値下げしてた)焼き鳥をつまみ、
祝杯をあげて、金沢遠征は無事終了したのでした。


さて、次は讃岐へ行く予定です。
その頃の順位はどうなっているのかなー。


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。