FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_04
10
(Sun)23:18

菅くんのプレーを見て

昔はインフルエンザって、1、2月にうわーっと流行る、という感じだったけど、
最近は5月の連休くらいまではだらだらと発生するようです。
で、今年のB型インフルエンザは、やたら体がだるいのが1週間から10日ほど続くらしい。
(我が家の長男もやられました)
都倉選手もB型だったのかしらん。
皆様もお気をつけください。


最高の、とまではいかないけど、まあ勝ったからいいよねの週末、
今日は桜吹雪の中を鈴鹿スポーツガーデンへと走り、
「三重県社会人サッカー選手権大会 準々決勝」を見てきました。
ヴィアティン三重vs伊勢YAMATO FC、
今シーズン初の公式戦です。
これに勝つことが天皇杯、そして全国社会人サッカー選手権大会(全社)へと繋がるのです。
怪我との噂も聞いた和波さんですが、元気にフル出場でした。
結果は4−1で勝利、準決勝へと進みました。

そのヴィアティンに今シーズン、ウチの息子たちのかつてのチームメイトが入団しました。
同じ団地で小さい頃から知っているだけに、
またプレーする姿を間近で見られるというのが嬉しくて嬉しくて。
少しブランクがあったので、勘を取り戻すのにしばらく時間はかかるだろうけれど、
ちょっと猫背気味で走る姿を、早くピッチでみたいなー^^


昨日の菅君のプレーを見て、
「ああ、あの子が・・・」
感無量、という人も沢山いたでしょう。

ウチの近所の子が、同じ小学校の子が、
そんな地元の子たちが、地元のプロのピッチの上で躍動しているのを見たら、
理屈抜きで応援したくなるだろうし、活躍したらすごく嬉しいし。
これも「ホームチーム」があるからこその幸せというもの。

そういえば、町田戦で帰りのシャトルバスで隣あったのをきっかけにおしゃべりした人は、前貴君と同級生だったそうで、
「だからずっと気にかけていたんです」
今は関東在住で、開幕戦も見に行ったとのこと。
怪我で出られなくて残念、早く復活してほしい、とおっしゃってました。


たくさんの人の思いを背負ってピッチに立つ選手達。
素敵なプレーを見せてくれ、と期待するのはもちろんだけど、
大切に育てていきたい、育って欲しい、と思うのは私だけじゃないはず。
そしてその気持ちは選手にだけじゃなくて、チームに対しても同じ。
このチームが、これから先も、ずっとずっと、
たくさんの人に思われ、大切にされ、育っていきますように。





C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。